小出松寿


「心・愛・夢・技」のテーマのもと

高品質の人形作りを探求する

1943年生。大阪府東大阪市在住。

母である初代小出愛(こいでめぐみ)に師事し、人形の教えを受ける。

昭和48年、二世を継ぎ、松寿(しょうじゅ)と名乗る。

日本人形から市松人形、雛人形へと、様々な人形製作に取り組む。

埼玉人形コンクールにて文部大臣賞受賞。

大阪工芸展にて近畿通商産業局長賞受賞。また日本人形協会節句人形工芸士展にて優秀賞受賞。その他、数多くのコンクールで入賞。

現在、人形工房松寿の主宰として、新たなる人形製作に情熱を傾けています。



  • 近畿通商産業局長賞
  • 文部大臣賞受賞
  • 近畿通商産業局長賞受賞
  • 日本人形協会節句人形工芸士展にて金賞、優秀賞受賞
  • 2014年大阪府優秀技能者(なにわの名工)認定
  • 2018年大阪府産業功労賞受賞